社会的責任

1.社会の良き一員でありたい

 協業組合 太陽自動車工業は、社会の良き一員でありたいと望んでおります。当社がそうあり続けるためには、利益は必要不可欠なものでありますが、単に利益を追求するだけでは私たちは存続できません。

「私たちは、社会からどれくらい必要とされ、どれくらいお役に立てるのか」

 これが存続するための命題であります。利益はその結果であります。

 人間ひとりでは生きていけないのと同じように、当社が単独で事業を行うことは不可能で、社会の皆様のお世話にならなくてはなりません。くれぐれもご迷惑をかけるようなことがあってはなりません。当社は自らの活動が社会に与える影響をよく考え行動します。そしてその行動の責任をもちます。そのために法令順守と適切な内部体制づくりに取り組んでまいります。

 より良い社会を築きあげていくために、当社もその一員として貢献したいと考えております。現在、企業が取り組むべく課題は、環境問題をはじめ、労働安全衛生と人権、雇用創出、あらゆる不正の防止など年々広がりをみせています。その全てを一気に解決はできませんが、自らの足元を見つめて、「できることから」そして「ちょっと頑張ればできること」からチャレンジしてまいります。

 お客様から、そして社会から私共が必要とされ、信頼され、お役にたてることが何よりもの喜びであります。