社会的責任

3.社会貢献

 自分たちの足元を見つめれば、まず本業を全うすることが社会貢献でなければなりません。その上で本業以外の部分、あるいは本業の延長線上でお役に立てることがあればやらせていただきます。これまでの活動の中からいくつかご紹介しますが、決して自慢するつもりではなく、情報公開の一環としてご紹介いたします。

3.1 新潟県交通遺児基金への寄付

 当社で行ったフリーマーケットの収益金を財団法人新潟県交通遺児基金へ寄付いたしました。

3.2 NPOへの寄付

 平成18年(2006年)7月10日、上越プラネット様に寄付いたしました。寄付先の選定にあたってはくびき野NPOサポートセンター様よりご仲介していただきました。いくつかの候補先の中から「環境保全活動に取り組んでいらっしゃる点」そして「ソーラーカーを自作して研究されている点」より、上越プラネット様に決定いたしました。
 いつか当社もソーラーカーを研究してみたいです。なぜならば社名が太陽自動車だからです。

3.3 沿道の美化

 当社に面する国道253線の歩道を、時々清掃しています。
 また社屋の外観が工場然としているため、花壇を整備しています。
 季節の花々を楽しんでいただければ幸いです。尚、冬の間は花壇はお休みです。

3.4 社会に役立つクルマづくり

 当社では、数多くの消防車両を自治体に納入しております。また感染症患者運搬車や移動図書館車両なども納入しました。これら公共のために使われるクルマを任せていただいたときには、間接的ながら社会に貢献できた喜びを感じるとともに、その責任を重さを感じます。特に消防車両は、尊い人命を守るもの。災害時にはその性能が充分発揮されるよう細心の注意を払って製作しています。